• HOME
  • ニュース
  • 当センターと海外研究機関が連携し『実験動物を用いた遺伝学研究のガイドライン:LAG-R』を策定

当センターと海外研究機関が連携し『実験動物を用いた遺伝学研究のガイドライン:LAG-R』を策定

生命科学研究のコミュニティーでは、標準化された命名法、実験デザイン、透明性のある報告、データ共有、一元化された情報や試料の保管による動物実験の再現性、信頼性、厳密性に関する課題解決に取り組んでいます。

本活動の一環として世界各国の研究機関および関連学会が連携し、『Laboratory Animal Genetic Reporting(LAG-R)ガイドライン』を策定しました。LAG-Rガイドラインは、学術論文において記載すべき21項目の遺伝的情報(表1)を明示しています。

本論文は、Nature Communicationsに掲載されました。


参考:

Laboratory Animal Genetic Reporting: LAG-R,

Lydia Teboul, James Amos-Landgraf, Fernando J. Benavides, Marie-Christine Birling, Steve D. M. Brown, Elizabeth Bryda, Rosie Bunton-Stasyshyn, Hsian-Jean Chin, Martina Crispo, Fabien Delerue, Michael Dobbie, Craig L. Franklin, Ernst-Martin Fuchtbauer, Xiang Gao, Christelle Golzio, Rebecca Haffner, Yann Hérault, Martin Hrabe de Angelis, Kevin C. Kent Lloyd, Terry R. Magnuson, Lluis Montoliu, Stephen A. Murray, Ki-Hoan Nam, Lauryl M. J. Nutter, Eric Pailhoux, Fernando Pardo Manuel de Villena, Kevin Peterson, Laura Reinholdt, Radislav Sedlacek, Je Kyung Seong, Toshihiko Shiroishi, Cynthia Smith, Toru Takeo, Louise Tinsley, Jean-Luc Vilotte, Søren Warming, Sara Wells, C. Bruce Whitelaw, Atsushi Yoshiki, Asian Mouse Mutagenesis Resource Association, CELPHEDIA infrastructure, INFRAFRONTIER consortium, International Mammalian Genome Society, International Mouse Phenotyping Consortium, International Society for Transgenic Technologies, Mutant Mouse Resource and Research Centers, Phenomics Australia, RRRC- Rat Resource and Research Center & Guillaume Pavlovic

 

Nature Communications, 15, 5574 (2024).

https://doi.org/10.1038/s41467-024-49439-y