• HOME
  • IRDAの概要

 生命資源研究・支援センターは、熊本大学における研究資源及び研究資源情報の利用等を通して、諸科学分野の教育研究の総合的推進に資することを目的として、2003年(平成15年)4月に発足しました。

 その後、それまでに展開してきた業務を拡大・発展させるために数回の改組を行 ない、現在、研究室として、実験動物分野、資源開発分野、疾患モデル分野、ゲノム機能分野、RI実験分野、分子血管制御分野、疾患エピゲノム分野、生殖機能学分野および生殖工学共同研究分野の9研究室、共同利用施設として本館と新館の2棟からなる動物資源開発研究施設(CARD)、遺伝子実験施設(GTC)、アイソトープ総合施設(RIC)、黒髪地区RI施設(黒髪RI)、大江地区RI施設(大江RI)および熊本マウスクリニック(KMC)で組織されています。

 本センターは、学内のみならず地域、国内および海外において生命科学研究に関する研究支援や研究資源の共有を推進するために、多様な組織と有機的に連携して研究及び研究支援を行っています。

 主な業務としては、1)遺伝子改変動物をはじめとする実験動物の作製、開発、保存、供給、データベースの構築、バイオインフォマティクス及び表現型解析に関すること、2)動物実験、遺伝子実験及びアイソトープ実験に係わる研究、教育、啓発、情報提供並びに技術指導などを実施しています。

 新たな業務として、特に我が国で中核的な役割を担っているマウスに関する事業をこれまで以上に強力に推進していくために、生命科学研究の遺伝・発生・難病に関する遺伝子破壊マウスの作製、表現型解析のためのプラットフォームの構築、ヒト疾患の最適化モデルの確立、疾患の病因・病態解析を行なっています。

 

生命資源研究・支援センター長

尾池 雄一

(併任:分子遺伝学分野 教授)