機器名 全自動血液学解析装置【 ADVIA2120i, SIEMENS 】
機器番号 R1
解析室 臨床化学・血液系
機器管理責任者 氏名:荒木 正健、所属:バイオ情報分野、
連絡先:【内線】6501 【メール】maraki(あっと)kumamoto-u.ac.jp
設置場所 遺伝子実験施設503号室
使用料金 3,300円/1検体
機器説明 *専任のオペレーターによる受託解析を行います。1検体3,300円です。測定項目は、
WBC,RBC,HGB,HCT,MCV,MCH,MCHC,CHCM,CH,RDW,HDW,PLT,MPV,WBC分画(Neut,Lymph,Mono,Eos,Baso,LUC)のパーセンテージ及び実数、Reticのパーセンテージ及び実数です。
解析例こちら
*サンプルはマウス血液及び研究用ヒト血液です。ヒトの臨床検査は行いません。また、ラット、カニクイザル、アカゲザル、ウサギ、モルモット、イヌ、ウマ、ネコ、ウシ、ヤギ、ブタ及びヒツジの血液も測定可能です。
*解析を希望される方は、その前の週の金曜日までに遺伝子実験施設 担当:慶田(けいだ)(内線6505・メールアドレス:jutakuあっとkumamoto-u.ac.jp)(10:00〜17:00)までご連絡ください。その際、測定を予定しているサンプル数を、概数で構いませんので教えて下さい。サンプルを持参する時は、「血液学解析受託サービス依頼書」をダウンロードして必要事項を記入し、サンプルと一緒に提出して下さい。
*サンプルは抗凝固剤としてEDTA-2NaまたはEDTA-2Kを採血時に使用してください。
採血方法によっても異なる場合がありますので、詳細については慶田までお問い合わせください。量は180μl以上あれば測定可能です。180μlに満たない場合は希釈して測定を行いますが、WBC分画が多少変化します。
*メーカーによるトレーニング受けて、臨床化学・血液系解析室長から使用を許可された場合、研究者自身による測定も可能です。その場合は、1検体2,000円です。
*研究者自身の測定については、原則として月〜金曜日の12時から17時までの間、使用可能です。また、予約は3日前までに行って下さい。装置の立ち上げは専任のオペレーターが行いますが、装置のシャットダウンはその日の最後の使用者が行って下さい。
kiki_r1.jpg
備考等 専任のオペレーターによる受託解析。ただし、メーカーによるトレーニングを受けて、使用を許可された場合、研究者自身の測定も可能。その場合は1検体2,000円。
申請書等